タグ: 資格

資格と仕事の関係

高齢化社会が進んでいる日本では、介護に携わる仕事というのが注目されている。 実は、介護施設にはいろいろな種類がある。そのなかでも小規模多機能型居宅介護と呼ばれる施設は、様々な介護サービスを1か所で提供できるのが特徴だ。デイサービスといった通いだけでなく、宿泊や訪問介護といったサービスにも対応できるのが小規模多機能型居宅介護の魅力である。例えば、家族と一緒に住んでいる介護者がいる場合、通常はデイサービスを利用していても、家族が旅行中だけ宿泊サービスを利用したいといった要望もあるだろう。そんな時でも、新しく介護施設を探さなくてもいいというのは、魅力的だろう。 そんな小規模多機能型居宅介護での仕事は、他の介護施設と比較すると、実に様々である。もちろん初心者が無資格でも働くことはできるし、働きながら幅広いスキルを身に着けていくことも可能だ。ただ、給与面などを考慮するのであれば、何らかの資格を取得しておいた方が交渉の際に有利となる。介護職員初任者研修を取得しておけば、食事や入浴などを支える身体介護が出来るようになる。初心者であっても、ぜひ取っておきたい資格のひとつと言われている。将来的に介護福祉士といった国家資格に挑戦するのであれば、実務者研修を取得しておくといい。 介護と言っても、そこで働く内容は大きく分かれている。自分の目指したい方向が決まっているのであれば、それに必要なスキルを身につければいいし、もし幅広く介護スキルを身に着けたいのであれば、小規模多機能型居宅介護で働く経験は貴重なものとなるだろう。