水曜日, 12月 7
Shadow

サービスの一つ、訪問介護に携わるなら

小規模多機能型居宅介護では、サービスの一つに訪問介護が含まれていて、訪問介護は資格を持っていなければ仕事ができない。

訪問介護で最低でも必要とされるのは、介護職員初任者研修の資格である。介護の資格のなかでも取得のしやすさに定評があり、この資格を持っていることで資格手当の対象となることもあるのだ。

担当できる仕事も増えるので、小規模多機能型居宅介護での仕事に興味があれば資格を持っておくと有利だろう。